過去に囚われなくなる一番の近道

過去に囚われなくなる一番の近道

過去にあった出来事に対して、思い出したくないと思うことはありませんか?
過去の自分を見るのは恥ずかしいと思うことはありませんか?

過去に起こった出来事に対して、受け入れることが出来きなかったり、誤った捉え方をしていたりすると、過去を思い出したくないという気持ちになるものです。

過去にひどくショックな体験をして、思い出したくない気持ちになったり、思い出せない状態になるのは、ある意味人間として自然なことでもあります。心にゆとりが無かったり、心が強く(大きく)なれていなかったりする時は、過去のショッキングな記憶を扱うことは出来ません。

しかし過去に起こった出来事を忘れようとしていたとしても、脳の記憶の中にそれはあり続けるので、思い出さないよう無意識に心のエネルギーを使っている状態が続きます。それが再びショッキングなことに出会ったり、別の強い刺激を受けた時に、押さえていた心のエネルギーが弱まり、過去のショッキングな記憶が蘇って、心を取り乱してしまうということが起きたりします。

こうして過去に起きた出来事に対して、それを心が受け入れられない状態が続くと、いつかそれを受け入れられるようエネルギーが働くようになります。


また起きた出来事に対して、間違った解釈をしている場合も、何度もそれを見直すように、似た現象を引き寄せるようになります。

例えば、ある日友人があなたの行為の間違いに気付いて真剣に忠告したとします。真剣さのあまり友人の言い方がかなりきつくなってしまったとしましょう。あなたはそれを忠告ではなく、批判と捉えたり、あの言い方は許せないと心の中にわだかまりを抱えたまま、その友人をその後避けるけるようになっとします。

するとその友人からは忠告を受けなくなりますが、今度は職場等であなたが何か間違ったことをして気づかずにいる時、上司からえらい剣幕で注意されるという様なことが起こるようになります。

そこで、これは確かに言い方はきついが自分の為を思って言ってくれているのだ、今の上司にはこうした言い方が精一杯なのだと気付ければ、その後この上司との関係も良くなることが期待されます。しかしここでまた自分を批判されたと捉え、あの言い方は許せないと思えば、上司を恨むようになり、関係がうまくいかなくなって会社を辞めたい等と思うようになります。

その後上司とうまくいかず仮に会社を辞めたとしても、再就職した会社や、あらゆる人間関係の中で同じようなことが起こり、そこで気付きが無ければ、人間関係が悪化していくということを繰り返していきます。そして最後には自信を失い、孤独な状態に追い込まれて、生きる希望さえ見つからなくなってしまうということが起こるかもしれません。

ですので私たちにとって良かれ悪しかれ過去の経験というのは、とても大切な財産でもあるのです。その中に負の財産と思われるものがあれば、それをありのままに観て受け入れ、その結果を生み出した自分の行いを見直す必要があるのです。

こうして真摯に過去と向き合える自分になれれば、むしろ過去を手放し過去から学びを得て自由になることができます。どうしても過去に目が行ってしまう、あるいは過去を異様に避けようとしている自分がいるのであれば、積極的に過去に向き合って観ることをお薦めします。





同じカテゴリー(★心のコラム)の記事画像
自分自身を大切にすることについて
関係性が崩れていく時
人から言われることを嫌がのはなぜ?
愛されていないのかもと思う時
心が空っぽに感じる時2
心が空っぽに感じる時
同じカテゴリー(★心のコラム)の記事
 心が素直になれないのは? (2017-03-20 19:21)
 自分自身を大切にすることについて (2017-03-17 22:25)
 関係性が崩れていく時 (2017-03-15 21:42)
 人間関係のベース (2017-03-10 21:02)
 人から言われることを嫌がのはなぜ? (2017-02-22 19:21)
 次にしたいことが解らない時 (2017-02-18 22:11)

Posted by 「ほっ」とTime at 19:56│Comments(0)★心のコラム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
過去に囚われなくなる一番の近道
    コメント(0)