併用して利用する方法3

併用して利用する方法3

今回はワークショップと交流分析心理学講座を併用して利用する方法をご案内させて頂きます。

【ワークショップと交流分析心理学講座の併用】
1)交流分析心理学講座→ワークショップ
  交流分析を一通り学んだが、もっと学びを深めたい・自分自身のことをもっと知りたいと
  思う時大変有効です。
  ワークショップはより自分自身を知り人間理解を深めていきます。
  また自己変容が可能になります。

2)ワークショップ→交流分析心理学講座
  ワークショップを中心に体験してきて、心理学の理論も改めて学んでみたいと思う時有効
  です。また自分もいつかは心理学を教えられるようになりたい、仕事や生活の中で心理学
  の理論を有効活用していきたいと思われる時は、是非チャレンジしていただくことをお薦
  めいたします。



同じカテゴリー(★カウンセリングのプロセス)の記事画像
「ほっ」とTimeにおける心の成長プロセス
カウンセリングによる問題改善プロセスの始まり
カウンセリングとカウンセリングの間
2回目以降の予約について
カウンセリングの目的と回数・間隔について
同じカテゴリー(★カウンセリングのプロセス)の記事
 「ほっ」とTimeにおける心の成長プロセス (2011-07-04 10:27)
 カウンセリングによる問題改善プロセスの始まり (2011-04-09 20:53)
 カウンセリングとカウンセリングの間 (2010-09-24 06:11)
 2回目以降の予約について (2010-09-23 05:30)
 カウンセリングの目的と回数・間隔について (2010-09-18 08:08)
 併用して利用する方法2 (2010-09-17 07:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
併用して利用する方法3
    コメント(0)