併用して利用する方法2

併用して利用する方法2

今回はカウンセリングとワークショップの併用についてご案内させていただきます。

【カウンセリングとワークショップの併用】
1)カウンセリング→ワークショップ
  カウンセリングを受けていて、自分の可能性や視野を広げたり、同じような経験をしている
  人と気持ちをカかち合いたいと思う時大変有効です。
  カウンセリングでは得られないグループダイナミクスの力により著しい心の成長や変化を
  遂げる可能性があります。

2)ワークショップ→カウンセリング
  ワークショップではオープンにすることが難しいと感じることがある時、カウンセリング
  による一対一の対話で心をオープンにして、荷を降ろしたり、気持ちをスッキリさせたい
  時に大変有効です。
  ワークショップでは扱えないテーマもカウンセリングでは自由に扱うことが可能です。


同じカテゴリー(★カウンセリングのプロセス)の記事画像
「ほっ」とTimeにおける心の成長プロセス
カウンセリングによる問題改善プロセスの始まり
カウンセリングとカウンセリングの間
2回目以降の予約について
カウンセリングの目的と回数・間隔について
同じカテゴリー(★カウンセリングのプロセス)の記事
 「ほっ」とTimeにおける心の成長プロセス (2011-07-04 10:27)
 カウンセリングによる問題改善プロセスの始まり (2011-04-09 20:53)
 カウンセリングとカウンセリングの間 (2010-09-24 06:11)
 2回目以降の予約について (2010-09-23 05:30)
 カウンセリングの目的と回数・間隔について (2010-09-18 08:08)
 併用して利用する方法3 (2010-09-18 07:11)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
併用して利用する方法2
    コメント(0)